オーダー家具・造作家具・別注家具 箭木木工所
オーダー家具・造作家具・別注家具 電話で問い合わせ
オーダー家具・造作家具・別注家具 メールで問い合わせ

企業情報

COPANY PROFILE

ご挨拶

弊社は創業者である私の祖父が小豆島(香川県)の田舎から上阪し、1956 年に創業しました。それ以来、半世紀以上の長きに渡り、多くの方々のご支援もあり、無垢材や合板等の木材を用いた別注家具(オーダー家具)や店舗什器の製作に取り組んでまいりました。

しかし、昨今は社会全体的な流れではありますが、木工業界においてもお客様のニーズの多様化、そしてリーマンショック以降の景気情勢も影響し、私どもは今まで以上に柔軟な姿勢で仕事に取り組む必要があると感じております。

そのような中、世界中において21世紀の大きな課題となっている環境問題。多種多様な生き物が生命を育み、原住民も生活を営むボルネオ島の熱帯雨林を地平線の彼方まで皆伐し、その後に人の都合のみで単一植栽されたアブラヤシプランテーションを、私は学生時代に機内から目の当たりにして言葉では言い表せないような衝撃を受けました。

直接的ではないにせよ、日本人の生活や日本国内の木工産業の多くは日本国外の森林(熱帯雨林)伐採(破壊)があって成り立っています。森林(熱帯雨林)を伐採(破壊)するということは、そこを拠り所にしていた生き物たちのすみかを奪い、我々と同じ人間である原住民の方たちの生活基盤も壊してしまう可能性があるのです。

産業活動を行えば環境負荷は必ずついてきますが、弊社は地球上の貴重な資源である世界中の木材を利用している立場として、「人と家具と環境の調和」をテーマに掲げ、環境負荷の少ない家具の提案を行っていけるよう努めてまいります。そして、世界一環境負荷の少ない企業になることを究極の目的とします。

あらゆる分野でグローバル化の波が押し寄せる昨今、我々のような小さな企業でも視野は広く、アンテナは鋭く立て、何事にも恐れず積極果敢な経営を展開していきます。簡単なことではありませんが、試行錯誤しながらも日々前進あるのみです。

長年育んできた経験とノウハウを活かしながらも、新たな可能性を秘めた技術への挑戦も忘れることなく前向きに取り組む姿勢で、皆様のご期待に応え続けていけるよう社員一同で取り組んでまいります。

これからも皆様の変わらぬご支援を心よりお願い申し上げます。

株式会社 箭木木工所 代表取締役

箭 木 剛 之

(やぎ つよし)

代表者略歴

・大阪芸術大学 芸術学部 環境計画学科 卒業
⇒ランドスケープデザインや造園計画を専攻

・大阪府立大学大学院 農学生命科学研究科 修了
地域生態学を専攻し、希少な植物と蝶の保全研究を行う
(卒業後、論文を共同発表⇒詳細

・環境コンサルタント会社に入社
⇒各種の環境アセスメント業務に携わる
(専門は植物や鳥類の調査・解析及び環境影響評価)

・(株)箭木木工所に入社
⇒既存の物事にとらわれないよう心掛け、
木工業界における革新的企業を目指している。